スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青サバ 感想コメント その12

2012年10月12日 13:01

いよいよ先週末に発売となりました、
『青春サイバーアクション漫才ハードボイルドコメディな転校生』!


発売に合わせて(というか本の発売のほうを合わせたのですが)行われた
作者リタ・ジェイ氏主催のお笑いライブ「実弾生活10」も大盛況でした!

あー笑った笑った。
会場に駆けつけてくださった、イラストのとばりさんも爆笑してましたね。

特にエヴァの代わりにヤ×ザを操縦するヤク×ンゲリオンの話は傑作でした。
テレビで流すには、いろいろ修正しないとアウトなネタが満載でしたが、
ゲンドウ役のリタさんが、めっちゃハマってました。
レイの演技などは、ほとんどアニメそのまんまの声でびっくりしました。

そして会場では約140名の方が青サバを買ってくださったということで、
本当にありがとうございました。

さてさて。
引き続き、各界から感想が寄せられています。
今日は5名の方々のコメントをご紹介!!

------------------

ほんの1ページ目からリタ・ジェイ氏が紡ぐ世界観の虜になった。
お笑い界の酸甘を舐めつくした彼だからこそ紡げる漫才への飽くなき情熱。
そして急転直下、映画のスクリーンから飛び出したかのような壮絶な
ガジェット・アクション。
これら相似性の欠片もないふたつの電極が激しくスパークするとき、
世界に二つとないハイブリッドなエンタテインメントが誕生した。
この新たな才能の目覚めを、ぜひ多くの方々に目撃してほしい。

―牛津厚信(ライター)

------------------

ご本人にお会いした時、イラストを拝見した時、コントライブに行ったとき、
いつも心地よい衝撃をくれるリタさん。
しかし四回目の衝撃はちょっと強烈でした。
いやー、面白いですね。

―武笠太郎(クリエイター[ザリガニワークス])

------------------

キャッチーなキャラクターに、得意のエスプリ利きまくりな笑いの連続!
クスクス笑いながら読みました。最高です。
でも、本当に流石なのは、笑いだけじゃなく、終わった後に、
そのキャラクター達が皆本当に愛せる存在になっていること。
その懐の深さ、優しさが、リタ・ジェイ節なんだなぁ。

―坂本嘉種(クリエイター[ザリガニワークス])

------------------

とても絶妙なコンビ!!お笑い+戦いにハラハラしました!
クールなりんがお笑いをするというギャップも最高!
読んでいくうちに応援していました。

―NEKONOKO(アーティスト)

------------------

美少女サイボーグとお笑い志望の冴えない高校生が出会ったら? 
きっとドタバタで終わるだろうと思ったら、ゴダールの「アルファヴィル」や
ルビッチの「ニノチカ」のような、荒唐無稽な感動物語だった!
この小説の「相方論」は堂々たる「恋愛論」だ。
そのうえアクションシーンもサービス満点、まるで映画のよう。面白かった。

―古澤健(映画監督・脚本家)

------------------

大好評発売中!
coverのみ_RGB
『青春サイバーアクション漫才ハードボイルドコメディな転校生』 

詳しい書籍情報はスマッシュ文庫公式サイトにて!
アマゾンの商品ページはこちら
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://phpcomic.blog65.fc2.com/tb.php/126-b6c1d7ef
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。